踊るうどんの梅田店に行ってきた。元は松山の永木というところ発祥のようですね。
それでも大阪では守口の滝井本店が元になるようです。

店舗に行くと週末でも少し待ちがあります。
大阪駅前ビルの食堂街では待ちがある店のほうが少ないくらいですから人気店です。

お店で一番のおすすめはまいたけ天温玉の生醤油に肉が乗っているものです。
口コミでは肉はどっちでもいいと書いてあったので肉なしを注文します。

席に通されてからしばらく立って注文が届きます。
舞茸天温玉が乗ったうどんが届きます。そこに大根おろしねぎなどを自分でトッピングします。

あとはテーブルの生醤油を自分でかけてできあがりです。
とりあえず卵なしで食べてみますがやはりおいしい。

うどんのなんともいえない弾力の歯ごたえ。讃岐うどんのコシや梅田はがくれの刺し身のような食感とも違います。
うどんの外側はやわらかくて中心はちょっと硬めの感じ。冷たいうどんでないとこの弾力は味わえないようです。

次に温玉を混ぜて絡めてみますが卵のコクが入ってこれはさらにおいしい。
舞茸天に手をのばすとサクサクな感じ。天ぷらというよりからあげのようにしっかり味がついています。

こういううどんもあるのかと価値観が変わるので一度は食べたほうがいいうどんかと思います。