ボタニカリーという大阪のお店に行ってきた。
一番近い駅は本町駅かな。淀屋橋駅からも歩ける感じ。

東京にはこういう店はあまりないのかテレビでも紹介されています。
ここは整理券をもらって並ぶ店。

営業は11時からですが10時から整理券の配布が始まる。
平日の12時到着でしたがだいたい1時間待ち。

13時に到着するとたぶん30分くらいの待ちでしょうね。
土曜日だとこれが2倍の待ち時間になるらしい。

日曜日がお休みですが臨時休業などはツイッターなどで更新しています。
とりあえず店を離れられるのはいいですね。

近くにパンで有名なパンデュースさんもあるので訪れるのもいいですね。
時間になり店内に通される。

店内は暗めの照明でムードのある感じ。
席は4人がけテーブルが2つ2人がけテーブルが1つ。

カウンターが4つの14席なので待ち時間が長いのは致し方ない。
整理券や注文の整理をしている女性は接客も丁寧です。

厨房に男性と女性が1人ずつ。カレーの仕事からして店主様は女性のような感じがする。
メニューとしては店名のボタニカリーが基本。

これに辛さを設定したり。トッピングをしたりできる。
玉子やチーズを入れる人が多いみたい。

辛さはノーマルでも普通の中辛をしている感じでした。
今回はノーマルのボタニカリーでトッピングもせず辛さも変えていないです。

順番に提供されるので10分くらいサーブに時間がかかります。
カレーが届いてみると色とりどりの野菜でアートになっています。

かぼちゃ玉ねぎ豆腐トマト豆など。
漬かっているものが多いですね。

野菜を崩しながら食べ進めます。
どの野菜を食べるかでカレーの味わいが変わりずっと楽しめる感じ。

カレーはとろみは少なくスープカレーに近い感じ。
鶏ガラや玉ねぎが煮込まれていてスパイシーな味わいです。

これが小エビのシュリンプになるとエビの風味が楽しめます。
合掛けというのもできますが12時から13時半までは不可なので注意。

レシピとしてはハーブやスパイス中心で唐辛子には頼っていないようです。
ご飯は申し訳程度についている感じで男性だとお腹いっぱいにならないかな。

追加料金はかかりますが大盛りもできます。
それにしてもご飯を盛り盛りにしてとんかつを乗せてガッツリ食べるのとは違う方向性。

時間が遅くなると待ち時間は少なくなりますが売り切れます。
忙しいのにとにかく接客は丁寧だなと感じました。

このあたりは歩いていると本当にカレー屋さんが多い。
大阪の中でも口コミ数は3番めに多くて人気にも納得できるお店でした。

ベースは野菜のカレーになりますがぜひ一度は食べてみると良いカレーだと思います。

ボタニカリーインドカレー / 本町駅肥後橋駅淀屋橋駅

昼総合点★★★★ 4.5