肉吸いはちとせが始まりだとされています。
まず肉吸いとは肉うどんのうどんがないものです。

よしもとの芸人が2日酔いでつらいときに頼んだものが始まりとされています。
千とせは大阪難波の周辺にあります。東京にはお店がなくて珍しいものです。

千とせ本館は千日前にあって千とせ別館はなんばグランド花月の建物内にあります。
どちらも食事時は並びますし営業時間や建物内であることから別館のほうが利用しやすいですね。

今回も利用したのは別館のほうになります。
肉吸いの食べ方としては肉うどんで注文することと卵かけご飯と食べるのが一般的です。

私が注文したのは肉吸いと卵かけご飯の組み合わせです。
食事時をはずして来訪したのでそんなに混んでいませんでした。

店内に入って左側に食券の機械があるのでそちらで食券を購入します。
店員様が食券の半分を受け取ると吉野家なみの速さで着丼します。

かつおだしとしょうゆがしっかり効いた濃いめのスープですね。
それにバラ肉のこってりした味も絡み合います。

半熟卵をつぶしてかき混ぜるとまた濃厚な味わいに変わります。
卵かけご飯も普通においしいですが卵卵の組み合わせなのでコレステロールきになっちゃいますね。

肉吸いだけ注文するのもありなのでお腹が空いてなくて来訪してもお腹には溜まりにくいのでいいですね。
材料はシンプルなのでレシピで自宅で再現するのは難しくないかもしれません。